急な葬式の始まり

現在は、殆どの方が病院で亡くなられると思いますが、突然に亡くなる方も想像以上におられます。自殺者の数もここ数年は毎年3万人を突破し死亡率の第2位になっている様です。心筋梗塞や脳梗塞による突然死であっても、亡くなる24時間前に医師の診察がない場合、法律上検死扱いになります。東京での検死の場合、救急病院から警察に連絡が入り、病院で立ち会っている遺族に聞き取り調査をするところから始まります。
突然の死亡で動揺している遺族には、厳しい状況ですが答えなければいけません。その後、ご遺体は所轄の警察署に安置され、警察官は死亡場所に遺族と共に行き、実況検分になります。高齢の方でも同じ流れになるので、実況検分と聞くと殆どの遺族は驚かれます。警察署の霊安室では、ご遺体の検査がおこなわれ、警察と監察医の判断のもと警察署で検案がおこなわれ、そこで検案書(死亡診断書)が発行されるか、大塚の医務院で解剖になるかが決められます。大塚の医務院で解剖になった場合、お体にメスを入れるので柩が必要になります。この時点で葬儀社に依頼しなければなりません。葬儀社が医務院に行き希望の場所へご遺体を安置してから打ち合わせになりますが、遺族は一連の事で疲れきっています。しかしながら、決めなければ日程等前に進めないので気力を振り絞り打ち合わせます。その後、通夜、告別式、火葬となり、葬式が終了しますが、あまりに慌ただしいので、殆どの家族は落ち着いてから葬式のことを思い出そうとしても細かな所は覚えてないようです。特に自殺の場合の葬式は、遺族は自分を責め、場合により自殺の事実を隠さなければいけないのでその心中は察して余りあるものです。

東京の場合、ご遺体の搬送、検案書の発行の料金は無料で、実費で必要なのは解剖後の浴衣代だけですが、神奈川県の場合、搬送は葬儀社が有料でおこない、検案料も必要なので遺族は経済的にも大変です。
残された遺族の悲しみをもっと広報し、出来るだけ自殺者の数を減らしたいものです。

タグ

2012年4月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

祭壇の種類と値段パート2

葬儀に使用する祭壇の価格も驚くくらい幅があります。通常祭壇の価格には、柩や写真、礼状など葬儀に必要な主なものが含まれていることが多いようです。しかし、含まれている内容も葬儀社によって違います。同じような祭壇でA社が安いとなっても含まれる内容が少なく、結果、高い葬儀の費用になる事があります。千葉県のある市の市民葬儀は、全部で15万円位だそうです。白木祭壇で高さ三段、幅5尺(約1,5m 葬儀屋さんは尺で祭壇の大きさを覚えます)のものが15万円、花祭壇だと20万円位から2千万、3千万以上まで様々です。私が確認している祭壇で最も高かったのは、3千万円です。葬儀の際、借りる式場も2百万円以上ですから、葬儀の最終金額は5千万近くになったと思います。2日間でこの金額ですから、完全に浮世離れしています。ただ、費用は、会社の経費で落とすのでしょう。世の中には想像を絶するお金持ちがいますが、やはり大事なのは、故人を送る遺族の衷心だと思います。

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

祭壇の種類と値段パート1

葬儀の際、葬儀屋さんが作る祭壇にも様々な種類と価格があります。以前は、祭壇というと白木が殆どでしたが、最近は、花祭壇が増え、詳しいデータはありませんが、恐らく花祭壇の割合が、白木祭壇より多くなっているのではないでしょうか。花祭壇にも生花を使用したものと、造花のものが在ります。白木祭壇と花祭壇を組み合わせたものや、白木祭壇の幅や高さも様々です。最近では、お庭のような祭壇や光を組み合わせたような祭壇もあります。葬儀の際、祭壇は無ければいけないと思われますが、本来は必要ないのです。キリスト教の神父様や牧師様は葬儀の打ち合わせの際、必要ありませんとおっしゃる場合もあります。僧侶に伺っても、間違いなく必要だとはおっしゃらない筈です。尚、神葬祭の神官は、神様に奉げるお供物を置くためひな壇を所望されるかも知れません。しかしながら、広い葬儀式場を借り、祭壇なしで葬儀を行うと、やはり寂しい状況になりますから、懐具合と相談しながら決めなくてはいけませんが、今後の生活を考え決めるのが宜しいかと思います。

タグ

2012年4月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

このページの先頭へ

イメージ画像