納骨堂とは(その2)

ここ数年お墓のスタイルに少しずつ変化の兆しが見られます。これまで理想とされてきたのは檀家となっている寺院の墓地、霊園にお墓を求めることでしたが、最近では納骨堂と呼ばれる小さなお墓の需要が伸びてきているようです。屋外の墓地を一軒家とするとさしずめ納骨堂は集合住宅といったところでしょう。
納骨堂のメリットは、屋外にある墓地と違い天候に余り左右されず訪れやすいという点と、身体が不自由な方でも容易に訪れることが可能であるという点にあります。維持管理にかかる費用については、墓地と比べると比較的安価とは言われておりますが、立地条件や規模、又は管理の内容によって違いが出てきますので、確認を取った方がよろしいでしょう。
また、納骨堂を使用していたとしても、一定の期間を過ぎるとその場所を明け渡さなければいけないこともありますので、その期間の確認も必要です。それでも納骨堂のニーズはこれから益々伸びていくと予想されています。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像