納骨堂とは(その4)

現在、納骨堂というと、恒久的にご遺骨を祭祀してくれる施設として知られていますが、昔はご遺骨を一時的にお預かるする施設でした。
しかし、その後、ご遺骨をお墓等に安置するまでの一時的な施設から、恒久的に祭祀する施設へと変化し、現在に至ります。
納骨堂は、主に自治体運営の公営の納骨堂、宗教法人や社団法人等が運営し管理を民間が行う納骨堂、さらにお寺さんが運営する納骨堂があります。
お寺さんの納骨堂へ安置する場合、檀家になる必要は無く、納骨後のお布施等歯ありません。
宗派を問うというところは少ないのですが、ご供養はそのお寺の宗派によるものとなります。
宗教法人、財団法人もしくは社団法人が運営する場合、多くは広告や販売について民営の会社が委託により行っています。
自治体運営の公営の納骨堂の場合、費用も少なく立地条件等もいいので、希望者が多く公募の後抽選となることがほとんどです。
納骨堂の運営母体によって特徴などもさまざまです。

タグ

納骨堂とは(その3)

納骨堂は、ご遺骨の入った骨壷を保管しておく施設です。
ロッカーのような納骨壇がありそこへご遺骨が入った骨壷を入れます。
その上にはご位牌を安置するための祭壇を配置してある施設もあります。
納骨堂というと、仏教徒の施設という印象が強いのですが、神道、キリスト教などそのほかの宗教にも見られます。
日本では東京に最大の納骨堂があります。
マンションのような形をした納骨堂は、たくさんのご遺骨が安置されています。
近年、諸外国にも、こうした納骨堂形式の施設が多くなっているということです。
東京都のこの施設の場合、納骨堂ともおくない霊園とも呼ばれています。
ご遺骨を安置する納骨壇も、ロッカー式のものではなく、仏壇型や墓石型などの形式のものが登場し、以前とは又違ったグレードの高いイメージが強くなっている施設もあります。
土地が少ない日本において、こうした納骨堂のような狭い場所でも多数のご遺骨を安置できる場所は、これからも増加していく傾向にあるようです。

タグ

納骨堂とは(その2)

ここ数年お墓のスタイルに少しずつ変化の兆しが見られます。これまで理想とされてきたのは檀家となっている寺院の墓地、霊園にお墓を求めることでしたが、最近では納骨堂と呼ばれる小さなお墓の需要が伸びてきているようです。屋外の墓地を一軒家とするとさしずめ納骨堂は集合住宅といったところでしょう。
納骨堂のメリットは、屋外にある墓地と違い天候に余り左右されず訪れやすいという点と、身体が不自由な方でも容易に訪れることが可能であるという点にあります。維持管理にかかる費用については、墓地と比べると比較的安価とは言われておりますが、立地条件や規模、又は管理の内容によって違いが出てきますので、確認を取った方がよろしいでしょう。
また、納骨堂を使用していたとしても、一定の期間を過ぎるとその場所を明け渡さなければいけないこともありますので、その期間の確認も必要です。それでも納骨堂のニーズはこれから益々伸びていくと予想されています。

タグ

納骨堂とは

納骨堂とは、遺骨を保管しておく建築物のことをいい、納骨殿や霊堂とも呼ばれています。
日本では、多くの場合は仏教寺院の敷地内に建てられていますが、昭和初期には一時的に遺骨を収蔵するという役割しか持っていませんでした。

しかしそのあと、一時的な遺骨の整理先としてではなく、恒久的に遺骨を祭祀する施設としての役割を担うことになっていきました。
納骨堂内の遺骨を収蔵する棚の形式は、初めはロッカー式などといったようなシンプルなものが中心となっていましたが、昭和40年代以降になると、仏壇型や墓石型といった格式高いものも作られ始めました。

現在では、機能性を追求した全自動機械式や、細部にまで装飾にこだわったものなど、利用者のニーズに応える形で、さまざまなものが設置されるようになりました。
また納骨堂の運営主体は大まかに、寺院、民営、公営の3つに分かれているので、その運営主体によって建物に違いが見られるともいえるでしょう。

タグ

永代供養墓とは

永代供養墓とは、何らかの事情でお墓参りができない場合や、お墓参りをしてくれる近親者などが近くにいない場合に、お寺や霊園などに代わって管理供養を行なってもらえるお墓の総称です。
永代供養墓の読み方は、「えいたいくようばか」、あるいは「えいたいくようぼ」と読みます。

しかしながら、呼び方は寺院によってさまざまに変わり、永代供養塔、永代供養廟、永遠墓などと呼ばれている場合もあります。
永代供養墓は、一般的には三十三回忌(寺院によっては五十回忌)までの法要をお寺が行い、その後は合祀墓に合祀されて、その後も続けて供養されるという形をとっているところが多いようです。

なかには、購入した年から年数を計算するところや、年間の管理料が必要となるところもあります。
核家族化が進んだことや、あるいは夫婦2人だけでお墓に入りたいなどといった理由から、最近では自分たちでお墓を持つことはせず、永代供養墓を望むケースが増えているそうです。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像