新しい葬儀のカタチ(お別れ会)が流行の兆し

最近、直葬だけで済ませて、お葬式を行なわないことが増えました。
今まで、お葬式をしない方々は、経済的に難しい、身寄りがいないなどといった方が多かったのですが、最近では、その傾向が少し変わってきているようです。死亡年齢の高齢化が進んでいることもあり、必然的に参列者の人数が減っているのが原因です。
また、お金をかけず、家族や周りの方々に迷惑をかけたくない、という高齢者の気持ちも大きな要因のようです。故人を知る親しい方がただけでお別れしたい方も多く、一般的に行われる関係者や、知人などの多くの方がたに知らせてお葬式を盛大にするお葬式の形式にも変化があります。家族葬や、自由葬などの故人らしさを求める葬式は行わることが可能になったことも背景にあるのではないでしょうか?

お葬式のことをもっと理解し納得のいくお葬式を行いたいですね。では、お葬式の規模についてみなさんは考えていらっしゃいますか?故人の社会的地位や、交際範囲、遺志、最近では経済状況によってお葬式の規模はきまるでしょう。また、参列者が多くなりそうであれば、お葬式の規模は大きくなり斎場もそれなりの人数が呼べる場所になります。
よく、世間体を気にして、経済的にも少し無理してお葬式の知らせの範囲を広げてしまいがちですが、そこまで無理してお葬式の規模を大きくする必要はありません。まずは、故人とのお別れをゆっくりできることを優先してお葬式の規模を考えましょう。

近頃は家族だけで密葬を済ませて、後に故人の知り合いを呼んで執り行うお別れ会が増えました。
特にオリジナルなお別れ会・偲ぶ会を企画するSTORYは依頼者から圧倒的な支持を受けているようです。

タグ

お別れ会が開かれる場所

お別れ会と聞くと、著名人や企業の経営者が亡くなった時に催す葬儀のイメージがありますが、近年では、一般の方も、故人に関わりのあった友人や知人に声をかけて、故人偲ぶ場として、またはお互いが感謝する場として、催すことが増えています。お別れ会では、一般的な葬儀ではない演出を行い、故人の人生を振り返ることで、故人の意外な一面を知ることが出来ます。また、故人の人生を讃えることで、遺族や参会者の心に残る機会になることがお別れ会です。また、一周忌や三回忌などの法事に相当するものを指す場合もあれば、無宗教の葬儀を指す場合もあります。

お別れ会にはいろいろな特徴があります。お別れ会という名称で行われる場合は、主催者の考え方次第ということもありますが、宗教などの形式にとらわれることのない形式が多いです。お別れ会を開かれる場所ですが、セレモニーホールや、近年ではホテルで開催される割合も高くなっています。その理由としては、礼儀的な部分よりも、おもてなしを重視したいと考える遺族や主催者、企業が増えたことが考えられます。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像