お盆について

お盆という言葉を聞くと、連休を連想しますが、もちろん本来は違います。
先祖や亡くなった人たちの霊を祀る行事で、旧暦の7月15日前後で行われることが多く、現在では、8月13日から16日までの4日間が一般的ですが、一部の地域では、7月13日から16日4日間の場合もあります。
正式名称は、盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるように供養をします。特に、亡くなってから、49日法要が終わり、最初に迎えるお盆を新盆(しんぼん、にいぼん)と呼びます。通常は、絵柄の付いた提灯を使用しますが、新盆の家では白い提灯を飾り、お盆が終るとお炊き上げをします。
精霊棚を用意し胡瓜の馬、茄子の牛、位牌、お供え物を飾ります。胡瓜の馬はなるべく早く帰ってきて欲しい思いから、茄子の牛はゆっくり戻って欲しい思いが込められています。
13日に迎え火を焚き、16日に送り火を焚きます。京都の大文字焼きは送り火の大掛かりなものです。精霊棚のセットはスーパーなどでも販売していて、中には火を焚く時に使用する、須恵焼きのお皿やおがらがセットされているものもあります。

僧侶を招き経をあげて頂き、飲食の接待をしますが、この時期の僧侶は忙しく、経をあげると直ぐに帰ってしまうことが殆どです。スクーターに乗った、僧侶をこの時期見掛けるかも知れません。
全国的に共通する行事は、盆踊りですが、全国各地には、阿波踊り、精霊流し、沖縄で有名なエイサー踊りもお盆の行事といわれています。
全国各地にお盆の風習が残っているのは、大変に素晴らしい文化だと思います。

参考⇒お盆法要

タグ

2012年8月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:お盆

このページの先頭へ

イメージ画像