永代供養墓とは

永代供養墓とは、何らかの事情でお墓参りができない場合や、お墓参りをしてくれる近親者などが近くにいない場合に、お寺や霊園などに代わって管理供養を行なってもらえるお墓の総称です。
永代供養墓の読み方は、「えいたいくようばか」、あるいは「えいたいくようぼ」と読みます。

しかしながら、呼び方は寺院によってさまざまに変わり、永代供養塔、永代供養廟、永遠墓などと呼ばれている場合もあります。
永代供養墓は、一般的には三十三回忌(寺院によっては五十回忌)までの法要をお寺が行い、その後は合祀墓に合祀されて、その後も続けて供養されるという形をとっているところが多いようです。

なかには、購入した年から年数を計算するところや、年間の管理料が必要となるところもあります。
核家族化が進んだことや、あるいは夫婦2人だけでお墓に入りたいなどといった理由から、最近では自分たちでお墓を持つことはせず、永代供養墓を望むケースが増えているそうです。

関連記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像