法要とは

法要とは、現在では法事や仏事、法会などといったように仏教行事全般のことを指していますが、本来は仏教において、釈迦の教えを知るという意味を持っています。
日本では、それが次第に追善供養のことを指すようになっていき、死者を弔う儀式のことを一般的にあらわすようになりました。

法事、仏事ともいわれているものです。
現在では死者を弔う儀式のほかにお寺が創立された際、仏像が開眼された際などのときに行われる慶事も含まれています。

追善法要は、亡くなった人の冥福を祈って行われる法要や読経のことです。
特に、亡くなった人の命日に法事をして供養することをいいます。

そのほか、「追善」が年長者に対しての冥福を祈る法要であることに対し、生きているうちに死後の自分、あるいは自分より若くして亡くなった人の冥福を祈る法要は「逆修」といいます。
生きているうちからお墓を建てて、その墓石に自分の戒名を朱書きしている場合には、「逆修の朱」といわれます。

「逆修」という言葉には、迷いによって仏教における「真理」から離れるという意味もあります。

Related posts:

  1. 器物に対しての供養
  2. 四十九日
  3. 法事とは

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:法事・法要

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像