四十九日

四十九日の事を中陰といい、亡くなってから浄土へ到着するまでの四十九日間の事だといわれています。浄土は、極楽浄土を一般的に想像しますが、如来の数だけ浄土があるといわれていて、極楽浄土、霊山浄土、弥勒浄土など沢山在るといわれています。
殆どの仏教は四十九日の旅を教義にもっているので、納棺の際旅支度をします。白装束を着せ、脚絆、手甲、を付け、柩にわらじ、編み笠、杖を入れます。浄土真宗は、亡くなったら直ぐに極楽浄土へ行かれるとの教義のため、納棺の際の旅支度や旅の途中で食べる枕団子のお供えをおこないません。
さて、四十九日の旅の始まりは死出の山です。暗く険しい山を越えると、七日目(初七日)に不動様に会います。不動様に現世の罪を暴かれ、その後、三途の川を渡ります。ここで、旅支度の時に家族が持たせてくれた六文銭を渡し賃として使います。良くいわれるのが、生前の罪の大きさで、舟に乗せてもらえなかったり、深い場所を渡らせられたりするという話です。川を渡った後、二七日、三七日、四七日と一週間毎に仏様と会い、怒られたり、反省したりしながら浄土を目指します。五七日の35日目にお会いするのが閻魔様です。ここでうそをつくと舌を抜かれるといわれています。四十九日目に薬師如来様にお会いし、無事に旅を終えます。
遺族は、四十九日の旅が無事に終るよう、特にこの期間は手厚く供養するようにといわれています。最初の七日目の初七日と最後の四十九日は特に大事なので、皆で集まり法要をおこないます。

Related posts:

  1. 器物に対しての供養

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:法事・法要

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像