動物に対する供養

動物に対しても弔い供養する習慣は昔から有ります。動物園では、園内のどこかに供養の碑が有るはずです。屠殺場でも食用の家畜の供養碑が有ります。大学病院では、マウスや犬の実験動物を供養する為、毎年慰霊祭を行っている様です。縄文時代の遺跡でも犬の埋葬跡が発見され、古代人もペットが亡くなった事に悲しみ、供養していたと確認されています。

余談ですが、大森貝塚を発見し、日本考古学の父と云われているモース博士は、犬の骨を発見し古代人は犬を常食していたと勘違いされたようです。

現在では、ペットの供養が盛んです。人間と同じように火葬し、ペット霊園に納骨しますが、近年では、家族と一緒に入れる霊園も有るようです。火葬は、寺院やペット霊園が経営する火葬場や移動火葬車両があります。寺院やペット霊園では、火葬後に供養していただく事も可能です。自治体によっては、ペット専用の火葬場を持っている所も在りますが、ほとんどが合同での火葬です。東京23区には、ペットの火葬場はありませんから、自治体にお願いすると生ごみ扱いになってしまいますのでとてもやりきれないでしょう。なかでも、横浜市の戸塚斎場はペットを個別で火葬してくれるのでとても親切ですが、横浜市民しか利用できません。自分達で供養したいとの気持ちから、公共の山に埋めたり、川や海に流したりする行為は、不法投棄となり罰せられます。どうしても自分達で供養したい場合は、不衛生にならない様配慮し、自分の庭等に埋めなければならないようです。現実問題として、自分の庭に埋めて供養出来る人は殆どいないでしょうから、ここ最近ペット供養をビジネスとする業者が増えてきたようです。ペットの位牌や仏壇を望む人も多く、仏壇屋さんへ行くとカラフルな位牌や遺骨が入るペンダントなどが陳列されています。
一度見に行ってみては如何でしょうか。 

Related posts:

  1. 供養の起源
  2. 先祖供養
  3. キリスト教における供養

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:供養

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像