キリスト教における供養

キリスト教に供養という考え方は、本来ありません。そもそも供養とは、故人を偲び、生前の故人に感謝する弔いの気持ちです。仏教では、成仏出来る様に供物を捧げ、経をあげます。もちろんキリスト教が故人を偲び感謝してはいけないという事ではありません。仏教では、名前を変え仏様になり、神道でも名前を貰い神様となります。しかし、キリスト教では、神様の元に返る(帰天、昇天)のであって、神にも仏にもならないので供養という概念が無いのです。

キリスト教の葬儀では、本来祭壇は必要ないとされますが、一般的には祭壇を作ります。しかしそれは、神様の為の装飾ですから供物も捧げません。供花も同じですから、名義札は花に直接刺さず、芳名板に付け教会の後方に置きます。灯明を捧げる事も有りますが、これも故人への供養ではなく、神への捧げものです。キリスト教には、大きく分けるとカトリックとプロテスタントが在ります。どちらも葬儀は、ミサの延長にあるとの考えです。特にプロテスタントは厳格で、故人に合掌したり頭を下げたりするのを嫌がる教会もあります。司祭の呼び名と立場も明確に違います。カトリックの司祭は神父様で神の代理人ですが、プロテスタントでは牧師様と呼びあくまでも信徒の代表です。カトリックの意味は、普遍性と訳され、プロテスタントは、抵抗者と訳されています。以外に思われるかも知れませんが、カトリックの葬儀でも香を焚きます。しかしそれは、供養の為に焚くのではなく魔を払うため柩の周りに焚くのです。仏教の葬儀では、焼香が終わるとご供養になるからとお清めの食事に案内されます。食事をしながら故人を偲ぶのも大事な供養とされているからです。キリスト教の葬儀では、お清めの食事が無いことも有り、有っても食事会の名称になります。このように、葬儀をみても仏教葬儀とキリスト葬では全く違うので、キリスト教には供養の概念が無い事が判りますが、故人を失い、故人に感謝する事は、どのような葬儀でも同じだと思います。

Related posts:

  1. 供養の起源
  2. 先祖供養

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:供養

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像