香典返し

現在、香典返しには2つの方法のどちらかを選択する場合が多いようです。

即返しという方法は、通夜、告別式の両日で、殆どの方の香典返しを終わらせてしまう方法です。参列者の香典額の平均は5千円位が多いので、葬儀の日に2千円~3千円位の商品を渡し会葬礼状と香典返しの礼状を渡します。この場合、参列者の殆どの方の香典返しは終了するので、四十九日の忌明け後に香典返しを送るのは、1万円以上の方のみになります。
もう1つの方法は、従来の方法で、忌明け後に香典の金額の3割から5割の商品を送る方法です。この場合、商品が届く日は、四十九日法要をおこなった次の日から2、3日後に設定します。神道の場合は五十日祭後、キリスト教の場合決まりはありませんが一ヶ月後位になります。

従来の方法では、葬儀の日に会葬御礼を渡し、後日香典返しを渡すので結果的にお返しの総額が高額になります。例えば5千円の方の場合、会葬御礼で千円、香典返しで2千5百円、場合により送料が発生します。結果、通夜料理を入れると、頂いた金額の同程度を返す事になります。忌明け後であれば、色々な商品が選べるという意見もありますが、2千円~3千円の商品の種類は少なくやはり、お茶や海苔になる事が多いようです。
金額的な事を考えると即返しですが、従来の習慣を尊重するのであれば後返しになると思います。

Related posts:

  1. 神葬祭の祭壇
  2. キリスト教における葬儀
  3. 一日葬の定義
  4. 直葬という言葉
  5. 直葬の費用

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像