香典返しの金額の目安

香典返しの金額は、概ね半返しと云われていますが、場所により半返しの半返し、つまり、四分の一返しの場合もあるようです。
通常、お礼の奉書と送料はサービスになる事が多いようですが、料金が低いと送料が発生するようです。
香典返しの質問で良くある事例を少し列挙します。

Q、香典が3千円の場合、香典返しは必要ですか?
A、香典の本来の意味のひとつである、遺族への経済的支援という意味では必要無いと思いますが、どうしても気になる場合は送ります。しかし、千五百円の商品はあまり無く、送料が発生する場合もあるので故人との関わりで判断すれば良いかと思います。
Q、5人の連名で1万円の香典を頂きましたが、お返しは必要ですか?
A、必要無いと思います。香典を送った方々も香典返しを期待しているとは思えません。送っても恐縮してしまいます。また、千円の商品は殆ど無いと思います。
Q、親族で10万円包んでくれた方がいますが、半返しですか?
A、この場合、遺族を経済的に支援するのが目的です。半返しをすると相手の行為を無にするので、お返しは1万円~2万円が適当かと思います。

香典返しは地方により、習慣が異なります。葬儀を担当した葬儀社に確認することをお勧めします。

Related posts:

  1. 葬儀の特殊な習慣パート1
  2. 葬式の始まり
  3. 一日葬の定義
  4. 直葬の費用
  5. 香典返し

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像