祭壇の種類と値段パート1

葬儀の際、葬儀屋さんが作る祭壇にも様々な種類と価格があります。以前は、祭壇というと白木が殆どでしたが、最近は、花祭壇が増え、詳しいデータはありませんが、恐らく花祭壇の割合が、白木祭壇より多くなっているのではないでしょうか。花祭壇にも生花を使用したものと、造花のものが在ります。白木祭壇と花祭壇を組み合わせたものや、白木祭壇の幅や高さも様々です。最近では、お庭のような祭壇や光を組み合わせたような祭壇もあります。葬儀の際、祭壇は無ければいけないと思われますが、本来は必要ないのです。キリスト教の神父様や牧師様は葬儀の打ち合わせの際、必要ありませんとおっしゃる場合もあります。僧侶に伺っても、間違いなく必要だとはおっしゃらない筈です。尚、神葬祭の神官は、神様に奉げるお供物を置くためひな壇を所望されるかも知れません。しかしながら、広い葬儀式場を借り、祭壇なしで葬儀を行うと、やはり寂しい状況になりますから、懐具合と相談しながら決めなくてはいけませんが、今後の生活を考え決めるのが宜しいかと思います。

Related posts:

  1. 葬式の始まり

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年4月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像