神道の葬儀の流れ

神道でおこなう葬儀を神葬祭といい、仏教でおこなう葬儀とは違った流れになります。
故人を自宅に安置した場合、通常北枕でお寝かせし、胸元に守り刀を置きます。神棚があれば半紙で前面を覆います。(五十日祭終了後、半紙をとります)枕机を置き、米、酒、塩、水、その他の供物をお供えします。仏教であればお線香をあげますが、神葬祭では、お香は利用しないので、通常は榊をお供えし供養とします。
納棺の儀では、始めに湯灌をおこない現世の穢れを洗い清めます。狩衣(かりぎぬ)を着せ、納棺後、男性であれば胸元に笏を置き、烏帽子を被るか近くに置きます。女性の場合は扇子を置きます。

仏教の通夜にあたる儀式は、通夜祭、遷霊祭といいます。式をおこなうのは神社から派遣された神職で他に雅楽を奏でる人が数名来られます。祝詞(祭文)を奏上し、電気を全て消し、遷霊祭(御霊移しの儀)をおこないます。故人の魂を霊璽という白木の箱に移す儀式で、仏教であれば、戒名ですが、神葬祭では、男性の場合、○○大人(うし)の尊、女性の場合○○刀自(とじ)の尊となります。○○には業績や人柄等が反映されます。祭文は仏教の引導文と違い故人の業績や人柄を分かり易い言葉で読み上げるので感銘を受けるでしょう。遺族を含めた参列者は、榊に紙垂を付けた玉串を祭壇にお供えします。玉串奉奠といい、通常は、二礼二拍手一礼(しのび手といい音をたてない、音をたてる事を拍手といいます)の作法でお辞儀をします。
翌日の葬儀は、葬場祭といいます。神職が祝詞を奏上し参列者が玉串奉奠をします。弔辞、弔電、お別れのお花入れは仏式葬儀と同じです。
火葬祭では、やはり、祝詞を奏上し玉串をお供えします。
神職は、大祓いという大きな榊に紙垂をつけたものを持ち、参列者や玉串、霊柩車等をその都度祓い穢れを清めます。

自宅へ戻った際は、玄関、立ち会った人に塩を撒き、部屋の祭壇に遺骨を安置します。
仏教の初七日にあたるものを十日祭といい、四十九日を五十日祭といいます。
また、仏教の食事を精進落としといいますが、神葬祭では直会(なおらい)といいます。
また、神葬祭では、数珠を使用しないので、持参しないように注意が必要です。

Related posts:

  1. 葬儀の特殊な習慣パート1
  2. 葬儀の特殊な習慣パート2
  3. 急な葬式の始まり
  4. 外国の方の葬式の始まり
  5. 仏教における葬儀

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像