神葬祭における葬儀

神式でおこなう葬儀を神葬祭といい、故人に対するスタンスは仏教と大きく違います。死を穢れととらえますが、汚らわしいという意味ではありません。故人を神様のいる場所へ送り、先祖の霊となって子孫を守る存在になる事を目的としています。
司式をおこなうのは神職である神主様と他に雅楽を奏でる方が2~3名です。祭壇中央に鏡が置かれ、様々な供物が置かれますがこれは神様への供物です。他にも、五色旗、幣帛、大榊等が飾られます。柩も一般的には祭壇の後ろに安置します。焼香に値するのは玉串で、これは榊に半紙で作った四手をつけたものです。玉串を祭壇に捧げる時の作法は、しのび手(音をたてない)で二礼二拍手一礼です。神職は祝詞を奏上し祭文を読みます。祭文の中では故人の人柄や業績を述べます。仏式の位牌にあたる霊璽には、大体の場合は、故人の氏名が先ず書かれ、戒名と同様にその次に故人の性質業績を連ねます。成人男性の場合大人(うし)の尊、女性の場合は刀自(とじ)の尊などが最後に書かれます。
通夜の事を通夜祭といい、儀式の中で御霊移しがおこなわれます。遷霊祭ともいい、故人の魂を霊璽に移します。遷霊祭は暗い所でおこなうので、この時は式場の電気を全て消します。仏教では通夜振る舞いをお清めといいますが、神葬祭では直会とよびます。

葬儀・告別式にあたるのが葬場祭で進行は仏式の場合とほぼ同じです。
神葬祭には戒名が無いので、経済的ですが、雅楽奏者、お供物等は仏式葬儀より割高になります。尚、仏式の場合僧侶に渡す料金はお布施ですが、神職に渡す料金はお礼と書きます。

Related posts:

  1. 葬儀の特殊な習慣パート1
  2. 葬儀の特殊な習慣パート2
  3. 急な葬式の始まり
  4. 外国の方の葬式の始まり
  5. 仏教における葬儀

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:葬儀・葬式

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像