相続人確認チャート

被相続人の財産を相続する権利がある人のことを「法定相続人」といいます。法定相続人は、被相続人との関係(続柄)によって、その範囲と順位が決められています。将来の遺産相続に備えるために、まず行うべきなのは、法定相続人が誰かを確認することです。
以下のフローチャートで、誰が法定相続人になるのかをチェックしてみましょう。

相続人の範囲

相続する権利を持つ人(法定相続人)になれる人は、以下の通りです。
1.被相続人の配偶者
2.被相続人の子(直系卑属)
3.被相続人の父母(直系尊属)
4.被相続人の兄弟姉妹(傍系血族)

上記以外の立場の人は、法定相続人として認められません。ただし、被相続人が遺言書を作成しており、上記以外の立場の人についても遺産を相続させると記していた場合には、その内容にしたがって財産を相続させることが可能です。

相続人の順位

被相続人の配偶者は常に法定相続人となりますが、それ以外の人(被相続人の子・父母・兄弟姉妹)は、法定相続人となる順位が決まっています。

第1順位「被相続人の子」

被相続人の子供が死亡しているときは、その子供の子供(孫)が相続人となります。

第2順位「被相続人の父母」

第1順位である「子」がいないときは、父母が相続人になります。
父母がおらずに祖父母がいるときは、祖父母が相続人になります。

第3順位「被相続人の兄弟姉妹」

第1順位である「子」、第2順位である「父母」がいないときは、兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹がすでに死亡しているときは、その子が相続人になります。

代襲相続について

法定相続人となるべき人が被相続人よりも前に亡くなっている場合、「相続欠格」や「廃除」によって相続権を失っている場合は、「法定相続人となるべき人の子」が相続人になります。これを代襲相続といいます。
例えば、法定相続人となるべき「子」がすでに亡くなっている場合、その相続権は孫やひ孫など下の世代に代襲されます。ただし、法定相続人となるべき兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合は別で、兄弟姉妹の子には代襲されますが、その孫には代襲されません。

相続欠格と廃除

「相続欠格」

遺言書を偽造する、被相続人や他の相続人を故意に死亡させて刑罰を受ける、などの事由に該当すると、相続人となる権利を失います。

「廃除」

被相続人が生前に推定相続人から暴力や侮辱などの著しい非行を受けていた場合は、相続人を廃除できます。被相続人が家庭裁判所に請求することで、推定相続人の相続権を認めないようにできるのです。相続人の廃除は、遺言書で請求することもできます。

Related posts:

  1. 遺産相続とは
  2. 遺言とは
  3. 相続とは
  4. 相続登記
  5. 死因贈与

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年7月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:相続

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像