遺産相続とは

遺産相続とは、故人の遺産を故人の妻または夫、子供、孫が受け継ぐことをいいます。 亡くなって遺産を相続される人を「被相続人」と言い、遺産を受け取る人を「相続人」といいます。
被相続人が亡くなったと同時に相続は開始されますので、自動的に故人の財産を相続人が受け継ぐことになるのですが、この場合、法律上の手続きや届け出は特に必要がありませんので、たとえ、相続人が被相続人が亡くなったことを知らなかった場合でも、相続が開始されるということになります。
ただし、相続開始時に相続人が複数入り場合は、遺産は相続人全員の共有となりますので、遺産分割が決定されるまで一人でかってに遺産を処分することはできませんので注意が必要になります。

相続人は、妻・夫などの故人の配偶者、子供、孫などになりますが、相続できる親族の範囲は民法で決められて(法定相続人)いますので、この部分をきっちり覚えておくといいでしょう。
また、届出なくても自動的に相続が開始されるといっても、法廷相続人であれば、必ず相続が約束されているわけではないことも覚えておく必要があります。
なぜ法定相続人でも相続が認められないかというと、相続の優先順位が民法で定められているため、その相続順位に従って遺産相続が決定されるからです。

※故人の配偶者の場合は、この相続順位とは関係なく、必ず相続人となることができます。 相続順位は、第3順位まで以下のようになっています。
<相続第1順位・・・被相続人の直系卑属> ・被相続人の実子、養子あるいは内縁関係にある人の子供 ・被相続人の孫 ・被相続人のひ孫 ただし、子供、養子、非嫡出子が亡くなっているときだけに孫への相続の権利が発生します。 また、同様に孫もすでに亡くなっている場合は、ひ孫に相続権利が発生します。 つまり、被相続人に一番近い世代の直系卑属が、遺産を相続するというわけですね。
<相続第2順位・・・被相続人の直系尊属> 被相続人に子供、孫、ひ孫がいないときは、被相続人の父母が、遺産を相続することになります。 父母が亡くなっているときは、被相続人の祖父母へと相続権が発生することになります。
<相続第3順位・・・兄弟姉妹とその子供> 第1順位の直系卑属と、第2順位の直系尊属が誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。 また、その兄弟姉妹が子供を残して亡くなっているときは、その子供に相続の権利が発生します。 この場合は、被相続人の「おい・めい」まではが、相続が認められるというわけです。 法定相続人であっても優先順位があるため、第1順位の人がいる場合は、第2順位、第3順位の人には、相続の権利はありません。 また、同様に第2順位の人がいる場合は、第3順位の人には相続の権利はありませんので、この点をきちんと覚えておくことが、遺産相続でよく起こる「相続問題」のトラブルを避けるために重要な点でもあります。

Related posts:

  1. 相続放棄

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:相続

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ

イメージ画像